『ちょっと今から仕事やめてくる』心がグっと軽くなる映画

北川恵海による小説『ちょっと今から仕事やめてくる』を映画化、2017年5月27日より公開されました。

小説とは設定などで違う部分が多いようです。

メッセージ性の強い作品で、より多くの方に観て欲しい作品だなと思いました。

 

あらすじ

ブラック企業で働く青山隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。

寸前のところで青山を救ったのは、幼馴染みのヤマモトと名乗る男。

だが、青山には彼の記憶がまったく無かった。

大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。

そんなある日、青山がヤマモトについて調べると、何と3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?

 

見どころ

沢山のことに気付かされていく青山

出典:主题:电影《ちょっと今から仕事やめてくる》最新画面公开!

ヤマモトを通して青山は沢山の大切なことを気付かされます。

それは、普段わたしたちが忘れがちな大切なことだと、わたしは思いました。

要チェックです!

 

追い詰められていく人たち

出典:「眠る時間があるならそれほど過酷ではない」と思ってしまう感覚の麻痺がコワい… – Ameba News [アメーバニュース]

作中、主人公を含め追い詰められていく人たちの描写があるのですが、それはどれもリアルで誰でも陥ってしまいそうなものでした。

現代の方たちの多くが共感しやすいものなのではないかなと思います。

 

エンドロール

口コミでも多くの方が共感し涙したと言われているこの作品、わたしもとても感動しました。

話が終わりエンドロールに流れる主題歌「心」は、この作品とかなりマッチしていてさらに作品に引き込んでくれます。

 

まとめ

予告映像などにもあるように、上司からの酷いパワハラを、青山は日常的に受けています。

その状況、環境は本当にリアルで、あまり現実離れしているとも思えず見ていて胸が苦しくなりました。

いろんなことを考えさせられる、メッセージ性の強い作品であるとともに、過労により自殺した高橋まつりさんを彷彿させる作品でもありました。

実際、高橋まつりさんも上司からのパワハラを受けていたそうです。

参考記事

 

タイトルや予告映像からもわかるように一番は「死んだ方が楽」とそう思っている方に観て欲しい作品です。

しかしどんな方も問わず、より多くの方に観て欲しい作品だと思いました。

あとシュールなお笑い要素と、小説を読んでいないので原作がどのような表現をしていたのかわからない上で書きますが、これは意図的にと思わせるようなBL要素がいくつかあり、ドキッとしました。

 

おまけ

 

 

 

ここからはネタバレを含む内容です!

 

 

 

全体を通しての感想

前述した通り、高橋まつりさんを彷彿させましたし、わたしの身内にも仕事が原因で自殺未遂をした人がいるので、かなり心に刺さりました。

頑張り屋の青山、日常的に行われる上司のパワハラ、重なる部分がありますね。

作中で青山はどんどん追い詰められていき、眠れなかったり、時には涙したりと、かなりストレスがかかっていることがわかります。

青山はヤマモトと出会い「自分を想う大切な人の存在」に気付かされ実家に帰るのですが、両親は疲れきった青山を優しく包んであげます。

家族であったり恋人であったり、わたしたちの周りにも「自分を想う大切な存在」っていますよね?

青山は偶然ヤマモトに出会いその存在に気付くことができましたが、きっかけがないとなかなか気付かないものです。

そういう意味では悩みを抱えている方はもちろん、子どもがいる親にも観てほしい作品だと思いました。

そして死にたいぐらい辛いのなら「頑張らなくてもいいんだよ」「逃げてもいいんだよ」と言われているように感じました。

賛否両論はあると思いますが「逃げる」ってそんなに悪いことじゃないと思います。

回り道したっていいんです。

心がグっと軽くなる作品でした。

 

この映画の青山は自殺しなくてよかったにゃ

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です