トランスジェンダー

『性同一性障害』とは:知らない人は必見!? 性同一性障害をわかりやすく解説 Part2

投稿日:2017年9月10日 更新日:

スポンサーリンク

今回は前回に引き続き、まだ性同一性障害のことがあまりよくわからない、知らないという方に、性同一性障害のことをわかりやすく解説致します

 

スポンサーリンク

先天性と後天性

「性同一性障害」には先天性の場合と後天性の場合があります。

「いつからこうなったの?」とわたし自身もよく聞かれるのですが、胎児の状態で脳が形成されるので、後天性の「性同一性障害」はごく稀で、ほとんどの方が先天性で生まれつきです。

 

しかしどちらも(最も有力な可能性として)脳の異常によって発現しているので、自分の意志でどうこうできる問題ではないのです。

 

「心の性」と恋愛対象は必ずしも一致するものではない

一般的に「男性であれば女性」、「女性であれば男性」と異性を好きになることが多いですよね。

LGBTという言葉にあるように、異性愛の他に「同性愛(ホモセクシャリティ)」や「両性愛(バイセクシャリティ)」そして「全性愛(パンセクシャリティ)」なんていう言葉も存在します。

 

細分化するとセクシャリティは本当に様々で、いろんな形があります。

なので「心の性が女性」のMtFの方の中にも女性を恋愛対象とする方もいますし、逆に「心の性が男性」のFtMの方の中にも男性を恋愛対象とする方もいます。

 

トランスジェンダーの方たちでも同じ当事者同士であるにもかかわらず、「身体的治療を行い「心の性」と「体の性」を一致させてまで、(心の性と)同性を好きになるなんておかしい」などと言う方がたまにいますが、性の在り方は人それぞれですし「全体的に見て少数派」というだけなので、変な誤解を招かないよう注意してください。

 

身体的リスクはあるが現代は「心の性」で生活ができる時代

当事者の方なら知っている方も多いと思いますが、現在では身体的治療により「心の性」と「体の性」を一致させ、トランスジェンダーではない方たちと(外見的に)ほとんど同じ状態にすることができます。

そして気になる方も多い性交問題ですが、技術的な進歩もあり感度も手術前と同じように残っていることがほとんどで、FtMの方の場合、女性器への挿入もできる男性器を作ることができるそうです。

 

ここまで進歩しているのですが、手術をした場合、精巣(または卵巣)を摘出してしまうので、性ホルモンをほとんど分泌できなくなり、ホルモン投与による定期的なホルモンの補充を一生しなければならなくなってしまいます。

このようなリスクを考えると身体的治療を望まないトランスジェンダーの方たちの気持ちもわかる気がしますね。

 

LGBTにとって日本はまだまだ住みにくい!?

2014年のランキングですが「自分の国がLGBTにとって住みやすい国か?」というアンケートでは全123か国中、1位がオランダ、2位がアイスランド、3位がカナダだったそうです。

このランキングですが日本はなんと50位だったそうです。

現在はもう少し順位が上がっているかもしれませんが、日本はまだまだ遅れていることがわかりますね。

 

社会的にも「心の性」で生きることを認められている

アンケートの通り日本はLGBT先進国に比べまだまだ遅れていますが、徐々に改善されて続けているのも事実で、条件こそありますが戸籍の性別を「心の性」に一致させることができたり、保険証などの公的書類に通称名を記載することができるなど、社会的にもセクシャルマイノリティの方への配慮が進んできています。

 

トランスジェンダー以外の話では、同性愛者の方のための「パートナーシップ証明書」などが有名ですね。

このように日本も様々なマイノリティに対して寛容的になりつつあるのでセクヂャルマイノリティの未来も明るくなりそうです。

 

まとめ

トランスジェンダーや性同一性障害そのものや恋愛対象のことなどはセクシャリティ(性的指向)の問題であり、気の迷いや趣味趣向、性的嗜好ではありません。

そして時間の経過とともに元に戻ることもありません。

 

性の多様化が進みメディアでも様々なアイデンティティを持っている方がいますね。

私自身もまだすべての性の在り方を完全に理解しているとは言い難いので、少しずつ理解し皆さんに発信していけたらと思います。

 

イメージにとらわれず幅広い視野を持っていけたらいいにゃ

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

わたしがカミングアウトをして感じたメリットとデメリット

「カミングアウトをするか? しないか?」トランスジェンダーとして生きていく上で誰もが直面する問題ですね。 わたしも初めてカミングアウトする時はとても勇気が要りましたし緊張もしました。 でも実際にカミン ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログの更新情報を受け取れます。


ねこあしふみふみ

 

↑ クリック応援よろしくお願いします!

-トランスジェンダー
-, , ,

Copyright© ねこあしふみふみ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.