健康 髪の毛

【毛周期】髪の毛が生えるしくみ

投稿日:2017年3月26日 更新日:

スポンサーリンク

髪の毛が生えてから抜けるまでにはいくつかの過程があります。

今回は髪の毛が生えてから抜けるまでのしくみについてお話しします。

 

スポンサーリンク

髪の毛を作る上で欠かせない組織たち

毛根周辺には様々な組織が存在します。

そしてそれらの組織は髪の毛を作る上で、それぞれ重要な役割を果たしています。

毛乳頭は毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞に栄養を送ってくれています。

毛母細胞は毛乳頭から受け取った栄養を使い、細胞分裂することで髪の毛をどんどん成長させます。

皮脂腺は皮脂を分泌し髪の毛や皮膚に潤いを与え、保湿してくれるのです。

これらに異常が起きることによって薄毛や脱毛症を招いてしまいます。

 

髪の毛が生えるしくみ

髪の毛が生えてから抜けるまでには周期があり、髪の毛一本一本にそれぞれ周期が存在します。

そしてこの周期を毛周期、ヘアサイクルなどと呼びます。

 

成長期

新しい髪の毛が生まれ、成長していく期間で2〜6年ほど続きます。

毛母細胞が活発に細胞分裂をし太く長く成長していきます。

髪の毛全体の内90%は、この成長期の状態にあります。

 

退行期

髪の毛が徐々に成長しなくなり成長が止まる期間で2〜3週間ほど続きます。

毛母細胞が細胞分裂する働きが弱まっていき髪の毛の成長が止まっていきます。

そして毛乳頭と毛母細胞が離れやすくなり、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

 

休止期

髪の毛の成長が完全に止まり、古い髪の毛が抜け落ちていくのを待っている期間で3ヶ月ほど続きます。

毛母細胞の働きが完全に止まり、成長が止まっています。

次の成長期が始まり新しい髪の毛が生まれる頃には、古い髪の毛は新しい髪の毛に押し出され抜け落ちてしまいます。

 

これが髪の毛が生えてから抜けるまでの一連の流れです。

この毛周期を繰り返しわたしたちの髪の毛は存在していて、毛周期を正常に繰り返されている限り薄毛になったり禿げることはありません。

 

髪の毛は1日に50本〜100本ほど抜けるそうです。

正常な範囲なので心配する必要はありませんが1日にこんなに抜けていると思うとびっくりしてしまいますね!

 

ぼくは猫だから一気に生え変わるんだにゃ

 

おしまい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログの更新情報を受け取れます。


ねこあしふみふみ

 

↑ クリック応援よろしくお願いします!

-健康, 髪の毛
-,

Copyright© ねこあしふみふみ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.