函館山丼【朝市食堂 二番館】

函館の朝市2階にあるお店、朝市食堂二番館に行ってきました。

素朴なお店の雰囲気が落ち着きます。

 

函館山丼

2200円(税込)

海老ランク

美味度 ★★☆☆☆

海老度 ★☆☆☆☆

濃厚度 ★★★☆☆

満足度 ★★☆☆☆

※海老度とは食べた際、どれだけ海老を感じられたかの度合いてす。

 

レビュー

山盛りのご飯に、いくら、海老、ウニ、イカ、ホタテ、サーモン、マグロ、カニ、とびっこと海の幸をふんだんに使ったどんぶりです。

わさび醤油をかけて頂きます。

 

まずはいくら、醤油の絡んだいくらは暖かいご飯とよく合い美味しいです。

サーモンは淡白でほのかな甘みを感じます。

ホタテは暖かいご飯の熱でさらにとろみが強くなり、ねっとりしすぎていてイマイチでした。

ここで気づいたのですが、醤油はかけるよりその都度つけて食べた方が美味しく食べることができます。

海老は甘み、とろみが強く適度な歯ごたえが美味しかったです。

ウニも口の中に溶けてすぐになくなってしまうものの、しっかり舌で甘みを感じることができました。

玉子焼きは薄味でほんのり甘さを感じます。

わたし的にこの玉子焼きはイマイチだったのですがある意味、他の海鮮の味を引き立ててくれているような気がしました。

イカはコリコリしていて、とろみもちょうどよく美味しかったです。

カニは火が通っているの分、パサパサさを感じさせられますが、いくらと混ぜていっしょに食べると美味しかったです。

そしていくらの海の下にはとびっこが潜んでいました。

プチプチした食感と塩気が、他の海鮮の甘みを引き立ててくれます。

そして底の方のご飯には鮭フレークが混ぜ込まれていたり、箸休めになる漬物が付いていたりと飽きさせないような工夫を感じました。

 

まとめ

北海道の新鮮な海の幸をどんぶり1つで堪能できるのは素敵ですね。

どんぶりなので仕方ないですが、ご飯の暖かさが具材の良さを台無しにしてる感は否めないです。

かなりのボリュームなので満腹になること間違いなしです。

 

アクセス

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 函館駅函館駅前駅市役所前駅(函館)

よかったら足を運んでみてください

 

こんないくらの海があったら泳いでみたいにゃ

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です