引き返せなくなる前に! 性同一性障害のホルモン療法による効果と副作用まとめ

ホルモン療法は性同一性障害の方が、体の性を心の性に近づけるために行う治療法です。

ホルモン治療と検索してこのブログへ来られた方もいるのではないでしょうか?

性ホルモンとは

男性ホルモン、女性ホルモンの総称です。

 

今回はホルモン療法による効果や副作用をお話ししていこうと思います。

 

性ホルモンによる効果・副作用(身体への影響)

女性ホルモンの場合

MtF(心の性が女性で体の性が男性)の方のホルモン療法では、女性ホルモンを投与します。

女性ホルモンを投与した場合、以下のような効果が期待できます。

期待できる効果

乳腺の発達、体毛や髭の減少、肌がきめ細かくなる、女性的な脂肪のつき方になる、頭髪の増加、髪質の変化、筋肉の減少、勃起障害 など

参照:https://www.gidcenter.com/gid_hormonal.html

 

様々な効果を期待することができますが、以下のような副作用や合併症のリスクも存在します。

リスクのある副作用・合併症

深部静脈血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、貧血、頭痛、めまい、乳頭の過敏症、乳輪色素沈着、乳癌、精巣、前立腺の萎縮、性欲の減退、夜間勃起の減少、生殖機能の喪失 など

参照:https://www.gidcenter.com/gid_hormonal.html

 

男性ホルモンの場合

FtM(心の性が女性で体の性が男性)の方のホルモン療法では、男性ホルモンを投与します。

男性ホルモンを投与した場合、以下のような効果が期待できます。

期待できる効果

月経停止、乳房萎縮、筋肉増強、陰核肥大、変声(声の低音化)、髭や体毛の増加、性欲の亢進 など

参照:https://www.gidcenter.com/gid_hormonal.html

 

男性ホルモンも女性ホルモンと同じように様々な効果を期待することができます。

しかし同じように、以下のような副作用や合併症のリスクが存在します。

リスクのある副作用・合併症

深部静脈血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、多血症、著明な体重増加(血清コレステロールの上昇)、色素沈着、皮膚の乾燥、座瘡、毛嚢炎、汗腺症、頭髪の減少、生殖機能の喪失 など

参照:https://www.gidcenter.com/gid_hormonal.html

 

嬉しい効果が多いがリスクも大きい

期待できる効果には、女性ホルモン、男性ホルモン共に嬉しい効果が多いですね。

これらのことから、少しでも早くホルモン療法を始めたいと思う方も多いと思います。

 

しかし期待できる効果を得るためには長期間のホルモン投与が必要です。

 

ホルモン投与による性ホルモンは、体内に吸収する際に、肝臓へ負担をかけてしまいます。

またホルモン投与を継続することで、体内の性ホルモンは高い値をピークし続けることになります。

この状態が続くことで、健康な方よりも前述した合併症を発症するリスクが高まってしまいます。

 

ホルモン療法の期間によっては、元に戻れなくなる

ホルモン療法を始めると、前述したリスクと一生向き合っていかなければなりません。

またホルモン投与を途中で止めても、投与していた期間や量によっては元の健康な身体には戻れない可能性が高くなってしまいます。

そのため性自認が定まっていない方や、悩んでいる方は、絶対にホルモン投与をしてはいけません。

性自認とは

自身が認識している性別、心の性のこと。

 

ホルモン療法を始める人は、これらのことや、これから先も身体に負担をかけ続けなければならないということを念頭に置いておく必要がありますね。

 

まとめ:不可逆的であることを十分に理解しなければならない

前述した通り、期待できる効果には嬉しいものが多く、すぐにでも始めたいと思った方も多いと思います。

しかし長期の投与により元に戻れなくなってしまうこともあります。

 

そのためこれらのことを十分に理解し、始める必要があります。

 

副作用のことを考えたらちょっと怖い部分もあるにゃ…

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です