心の性の通りに生きて幸せになれるの? 理想と現実はかなり違うんです!

「性同一性障害だけど「心の性」の通りに生きて幸せになれるのか不安…」

「性同一性障害だから「心の性」の通りに生きればきっと幸せになれる!」

あなたはどう思いますか?

あなたの考え方によっては思わぬ闇に落ちてしまうかもしれません。

今回はわたしたちトランスジェンダーが「心の性」の通りに生きて本当に幸せになれるのかを検証していきたいと思います。

 

理想と現実はかなり違う

最初に言っておくと、どんなに頑張っても完全に心の性の通りにはなれません。

わたしはホルモン療法を始める前、女性ホルモンを投与し始めたら顔も体も女性らしくなり、女性としての素晴らしい生活が待っていると思っていました。

そして実際に女性ホルモンを投与し始めると乳房が発達し、ホルモン投与初期には母乳のようなものが出たりもしていました。

この時は自分の体がどんどん女性へと近づいていっているんだと思って本当に嬉しかったです。

 

しかし現実はそんなに甘くはありませんでした。

ホルモン投与である程度は変化しても、骨格や声など変わることのできない部分もあります。

そのこともあり女性装を始めると道行く人からは差別や偏見の声を投げかけられ、受け入れてもらえなかった方とは疎遠になってしまいました。

 

今でこそ女性として見られるようにはなってきましたが、ホルモン療法を始めたのは第一次成長期が終わり変声期を迎えた後です。

声は低いままですし、いくら外見が女性へと近づこうとも、完全な女性になるためにはまだまだ足りないと感じるところがたくさんあります。

 

生物学的にはMtFは男性、FtMは女性として生まれているので仕方がない話ですが、中には女性として見られたいのにどこかゴツゴツとしている部分があったり、男性として見られたいのに女性らしい丸みがあったりという悩みに直面し鬱になってしまう方もたくさんいます。

 

性別適合手術後に自殺してしまうトランスジェンダーの方は多い

「性転換(性別適合手術)をすれば女性になれる」

「戸籍を変更できるから女性として扱ってもらえる」

と思っている方って意外と多いんですよね。

逆も然りでFtMの方にも「性転換をすれば男性になれる、男性として扱ってもらえる」と思っている方はいます。

 

もちろん心の性の通りに扱ってくれる方はたくさんいます。

しかし全ての方が心の性の通りに扱ってくれるわけではなく、差別や偏見を持っている方もいるのが現実です。

 

「性転換をしてせっかく心の性と同じ体になったのに、全ての人に心の性の通りに扱ってもらえない」

この理想と現実とのギャップにせっかく性転換したにもかかわらず命を絶ってしまうのです。

 

心の性の通りに生きるのには向き不向きがある?

心の性の通りに生きるか生きないかには向き不向きがあるとわたしは思っています。

まず自殺をしてしまう方たちのように、女性ホルモンや性転換など身体的治療を施したら妊娠もできる完全な女性(心の性)になれる(女性として扱ってもらえる)と思っている方は心の性の通りに生きるのには向いていないとわたしは思います。

「海を自由に泳ぎたい」

息を止めればある程度は泳ぐことは出来ても、エラのない人間はどんなに頑張っても魚のように自力では海を自由に泳げません。

それと同じで心とは別の性で生まれてきてしまったわたしたちトランスジェンダーはどんなに頑張っても妊娠もできる完全な女性・生殖機能を持つ完全な男性にはなれないのです。

しかし船を使えば海を渡れますし、酸素ボンベを使えば魚のように自由に泳ぐことができますよね。

わたしたちトランスジェンダーも同じように、身体的治療によりある程度は近い状態になることができます。

 

ではどのような人なら心の性の通りに生きるのに向いているのでしょうか?

わたしは「自分はトランスジェンダーで完全な女性・男性にはなれないんだ」ということをしっかり理解し、それに向き合うことができる人が心の性の通りに生きるのに向いていていると思います。

 

幸せになれる可能性

わたしは肩幅が広く声もかなり低いですし男らしい部分が多くあります。

素質的には心の性として生きるには向いていないかもしれませんし、差別や偏見の言葉を投げかけられることが今でもあります。

でもそれ以上に男性として生きることの方が苦痛です。

なので今こうしてトランスジェンダーとして生きていることが本当に幸せです。

 

心の性の通りに生きるには普通に生きる以上に様々な苦難があります。

その苦難を乗り越えていける人は心の性の通りに生きても幸せを見つけられるのではないかとわたしは思います。

 

まとめ

心の性の通りには完全にはなれないし、苦難の多い人生が待っているかもしれません。

それでも心の性の通りに生きる覚悟があるなら、心の性の通りに生きた方が幸せになれるのではないのかなとわたしは思います。

 

自分とよく向き合う必要があるにゃ

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

[st-card id=60] [st-card id=3305]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です