【界面活性剤】全ての合成界面活性剤が危険ではない!? 合成界面活性剤の誤解

合成界面活性剤と検索すると合成界面活性剤には、タンパク質変性作用がある、肌バリアを壊す、残留性があるなど様々な情報が出てきます。

これだけでも合成界面活性剤はとても肌に悪いものという気がしますよね。

そして合成界面活性剤フリーの化粧品など合成界面活性剤を避けて作られている化粧品もたくさんあります。

わたしも昔は合成界面活性剤の入っている化粧品は絶対に使わないと避けていました。

 

天然界面活性剤も合成界面活性剤と殆ど同じである

天然界面活性剤といえばレシチンやサポニン、石けんなどが思い浮かびますね。

しかし天然といえど自然界にそのままの形で存在するわけではなく溶剤などで抽出、加工などをされつくられているのです。

つまり天然界面活性剤も合成界面活性剤も化学物質であることに変わりなく殆ど同じということです。

ちなみに石鹸は合成界面活性剤です。

 

合成界面活性剤の悪い噂は本当なのか?

合成界面活性剤にまつわる悪い噂は本当だが全ての合成界面活性剤に当てはまるわけではありません。

タンパク質変性作用がある

合成界面活性剤にはタンパク質変性作用があります。

しかし天然界面活性剤にも同じようにタンパク質変性作用があり、界面活性剤の種類によって強さが変わってきます。

詳しくはこちらをチェック!

【タンパク質変性作用】合成界面活性剤はタンパク質を変性させるのか?

 

肌バリアを壊す

界面活性剤が界面活性作用(水と油を混ぜ合わせる働き)を残したまま肌に残り続けることで肌バリアが壊れます。

界面活性剤によって一次分解(界面活性剤が界面活性作用を失うまで)にかかる時間が違うのですが、中には一次分解に長時間かかる界面活性剤も存在します。

石鹸は水で薄めることで一次分解が瞬時に行われるのに対し、一部の合成界面活性剤が一次分解に時間がかかり肌バリアを壊し続けることから、このような噂が生まれたのだと思います。

※比較的、一次分解の早い合成界面活性剤もあるので、全ての合成界面活性剤が肌バリアを壊し続けるわけではありません。

 

肌に残り続ける

石鹸がほぼ丸一日で究極分解(界面活性剤が水や二酸化炭素などの無機物まで分解)されるのに対して、一部の合成界面活性剤は長時間、肌に残留し続けます。

合成界面活性剤の肌への残留性についても肌バリアと同じですが、石鹸と殆ど同じように早く究極分解される界面活性剤も存在します。

さらに非イオン界面活性剤は残留しても皮膚刺激が殆どありません。

 

 

うまく合成界面活性剤と付き合い美しい肌を手に入れたいですね。

 

悪いやつじゃなかったんだにゃ

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です