化粧品 美容

脱ノンケミカル!化学物質と向き合うための手に入れやすいおすすめシャンプー

投稿日:2017年2月26日 更新日:

スポンサーリンク

 

合成界面活性剤にも肌への刺激が低く、石けんよりも肌に優しいものがあるということがわかりました!

 

詳しくはこちらもチェック!

全ての合成界面活性剤が危険ではない!?合成界面活性剤の誤解

 

しかし長年、石けんを信じて愛用してきたので、なかなか合成界面活性剤を使ったものに踏み切れません。

ということで手に入れやすく比較的肌に優しいシャンプーをピックアップしてみました!

 

スポンサーリンク

ゲルファミリー アミノシャンプー

コンディショニング効果があまりなく、洗うためのシャンプーといった印象です。

ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルメチルタウリンNaなど、洗浄成分は低刺激な界面活性剤が使用されているので好印象です。

洗浄力は低めですが、肌の刺激になる成分がほとんど入っておらず、優しく洗いたい方におすすめです!

今まで見てきた市販のシャンプーの中では最高の出来です!

ほんのりオレンジの香りがします。

 

【全成分】

水、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ラウリルベタイン、1,2-ヘキサンジオール、塩化Na、ベタイン、ポリクオタニウム-10、コカミドメチルMEA、オウゴンエキス、ダイズ種子エキス、オレンジ油、クエン酸、BG

 

ピュアナチュラル シャンプーL(サラサラタイプ)

コカミドDEA、ココイルグルタミン酸Kなど洗浄成分は低刺激の界面活性剤が使用されているので好印象です。

サラサラタイプですが、洗い上がりはしっとりしています。

PGフェノキシエタノールが入っているのが気になりますが、ドラッグストアや百貨店など取り扱い店舗が多く、手に入れやすく値段も安いです。

すこし洗浄力が低いですが手に入れやすいので、すぐに脱ノンケミカルしたい方にはおすすめです!

※セージエキスが入っているので、てんかんの方にはおすすめしません。

 

【全成分】

水、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸K、ラウリルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ベタイン、ヒマワリ油、ホホバエステル、ローマカミツレエキス、マロニエエキス、セージエキス、グリセリン、デシルグルコシド、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、塩化Na、ローズマリー油ラベンダー油、BG、PGフェノキシエタノール

 

カウブランド 無添加シャンプー

洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Naと低刺激の界面活性剤が使用されている点が好印象です。

しかし洗浄成分よりも多く配合されているDPGが問題でDPGは化粧品に配合する場合1.0%までと割合が決められています。

DPGは毒性こそ低いものの、これだけ多く配合されているとなると刺激が気になります。

使いやすい洗浄力なので他の低刺激シャンプーの洗浄力の低さが気になる方にはおすすめです!

 

【全成分】

水、DPG、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、グリセリン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ココイルグルタミン酸Na、PCA-Na、コハク酸ジエトキシエチル、ポリクオタニウム-10、クエン酸

 

ジョンマスターオーガニック ベアシャンプー

洗浄成分はデシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Naなど低刺激の界面活性剤が使用されている点は好印象です。

しかし一番配合量の多い成分がアロエベラ液汁(保湿剤)というシャンプーらしくない構成ですし安息香酸Naソルビン酸Kが気になります。

洗浄力がかなり低いので、すごく肌が敏感な方におすすめです!

※チャ葉エキスが入っているのでカフェインアレルギーの方にはおすすめしません。

 

【全成分】

アロエベラ液汁、水、デシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ココスルホ酢酸Na、ババスアミドプロピルベタイン、パンテノール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、加水分解ダイズタンパク、PCA-Na、ヒアルロン酸、ソルビトール、アルギニン、セリン、トレオニン、アマニ油、ルリジサ種子油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、月見草油、トコフェロール、コンフリー葉エキス、カミツレ花エキス、ラベンダー花/葉/茎エキス、セイヨウイラクサ根エキス、トクサ葉/茎エキス、セイヨウノコギリソウエキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、安息香酸Na、ソルビン酸K

 

まとめ

低刺激のシャンプーは洗浄力が低いものが多いので、石けんから低刺激のシャンプーに変えると、洗浄力の低さに不安を感じるかもしれませんが、石けんの洗浄力が強く皮脂を落としすぎていたということなので安心してください。

その証拠に石けんで洗っていた頃に感じたつっぱり感や乾燥は少なくなっているはずです。

 

わたしは石けんを使っていた頃から、顔、体、髪と全て石けん一つで洗っていたこともあり、脱ノンケミカルした今でもシャンプー、ボディソープ問わず、一つの洗剤で全て洗っていますが、「顔、体、髪はそれぞれ別のもので洗いたい!」という方は、少々お待ちください。

 

今回ご紹介したシャンプーはあくまでもすぐに脱ノンケミカルしたいという方への「手に入れやすさ」を重視したおすすめシャンプーです。

徹底的に肌に優しいもので脱ノンケミカルしたいという方は上記リンクを参照することをおすすめします。

 

ぼくも今日から脱ノンケミカルするにゃ!

 

おしまい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログの更新情報を受け取れます。


ねこあしふみふみ

 

↑ クリック応援よろしくお願いします!

-化粧品, 美容
-, ,

Copyright© ねこあしふみふみ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.