【体験談】わたしは声を高くする手術(輪状甲状軟骨接近術)で失敗しました

わたしは2013年1月、20歳の頃にタイにて声を高くする手術、輪状甲状軟骨接近術を受けました。

アテンド会社に依頼し手術を受けたので通訳の人もいて言葉の壁は感じませんでしたし、飛行機のチケットなども全て代わりに手続きしてもらいました。

ちなみにわたしが手術を受けた病院には日本語が話せるスタッフもいました。

 

手術当日

まず手術前後を比較するため発声しているところを録画しヘルツ数を測ります。

もちろんヘルツ数は男性の領域でした。

全身麻酔は点滴による麻酔なので徐々に麻酔が効いてきます。

点滴をしたまま運ばれちょうど手術室の前に着いたあたりから眠いような感覚になり、気が付いた時には手術が終わっていました。

出典:頸椎装具|協和義肢製作所

そして首には頚椎固定装具という首を固定する器具を取り付けられていました。

この日から1週間は声を出すことを禁止されます。

 

術後

術後3日間は病院にて流動食とヨーグルトでした。

流動食は本当に不味く食欲がなくなります。

いっしょに出されるヨーグルトが本当に美味しく感じました。

そして頚椎固定装具が外され4日間ホテルで過ごしました。

食事は自由になったものの話すことができないのでスーパーで買った食材を食べていました。

それから手術して1週間、ようやく発声が許可されます。

 

声の変化

術後初めての発声、緊張しました。

そしていざ発声してみると…

「あれ?」

先生は高くなってると言ってましたが、全く声の変化を感じられませんでした。

手術前と比較するため、再び発声しているところを録画しヘルツ数を測ります。

声の変化は感じられなかったのに、ヘルツ数は女性の領域まで高くなっていました。

ヘルツ数は高くなっていたので仕方なく納得してしまい3日後、日本に帰国しました。

※後日のことですがわたしの場合、寝起きの発声のしづらさと音域が狭くなったのを実感しました。

 

周りの反応

初めての海外でしたし手術をしに行っていたので、何人かの人は心配して電話をかけてきてくれました。

しかしみんな口を揃えていうのは「変わった?」でした。

自覚してましたけどね。

いろいろ調べてみて、ニューハーフのお店で働いている方も言っていましたが成功している方はほとんどいないそうで、声がほとんど出なくなってしまった方もいるそうです。

難しい手術なんですね。

あとこんな意見を見つけました。

糸は徐々に弛んで行きますので、最終的には現在、手術前の声と、高さはほとんど変わりません。
声の質だけが細くなった状態が残っていますので、
まだ手術前よりも高いような錯覚がありますが、測ってみると手術前と同じ高さまで戻っています。
声量もかなり落ちました。
私の場合は、結局、声を細くして小さくする手術になってしまいました。

出典:声を高くする手術の、効果と危険性は? – がん・心臓病・脳卒中 締切済 | 教えて!goo

 

まとめ

輪状甲状軟骨接近術は強制的に高い声を発声できる状態にし、高い声の発声を癖づけるものという印象です。

もともと独自で高い声の発声をしていた方は術後声帯の形が変化し、すでに癖付いた高い声の発声ができなくなり声が出なくなる方もいるそうです。

もちろん手術が成功し女性的な声を手に入れることができる可能性もあります。

時間と労力が必要ですが、手術をしなくてもメラニー法など女性的な声を出す方法はいろいろあります。

成功失敗問わずこれからの人生に大きくかかわることですし、何度もできる手術ではありません。

輪状甲状軟骨接近術及び全ての声帯手術には声が出なくなるなどかなりのリスクがあるのでよく検討した上で決断して下さい。

それとわたしがこの手術を受けて学んだことは、どんな声であっても受け入れてくれる人はいるということです。

わたしも実際にすごく悩んでいたので、気にする方の気持ちはよくわかります。

でも生きてく上でそれほど重要ではないということを感じました。

 

声が出なくなるって恐ろしいにゃ

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

[st-card id=1309]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です