飼い猫の思い出を形に【羊毛フェルトのオーダーが簡単になるアプリ】

飼い猫の姿を形にしたいとは思いませんか?

わたしは飼い猫のライチが亡くなり、強くそう思いました。

思い出に残すと言っても様々な方法がありますが、今回わたしは羊毛フェルトでライチを形に残すことにしました。

でもどこでどうやって羊毛フェルトをオーダーすればいいの?

そんな風に思う方も多いと思います。

しかし「ミンネ」というアプリを使えば誰でも簡単に羊毛フェルトをオーダーすることができるんです。

わかな
わかな

わたしも実際にオーダーしてみたのですが、手元にライチが届いた時は感動しました

そこで今回は羊毛フェルトのオーダーを簡単にできるアプリ「ミンネ」について解説します。

ハンドメイドマーケットアプリ「ミンネ」

©GMOペパボ株式会社

ミンネはヤフオクやメルカリのように誰でも簡単に出品、購入できるアプリです。

取引されている商品がハンドメイドのもの限定になっており、その特性からオーダーメイドを受け付けている方も多くいます。

minne(ミンネ)- ハンドメイドマーケット

minne(ミンネ)- ハンドメイドマーケット

GMO Pepabo, Inc.無料posted withアプリーチ

羊毛フェルトのオーダー方法

 

オーダー方法は簡単で「羊毛フェルト オーダー 猫」と検索して、好みのテイストの作品を購入するだけです。

後は作者とやり取りをし、細かい部分の確認を行います。入金後は完成を待つだけです。

オーダー完了までの流れ

わたしは今回、りんごりんぐさん(@ringoring_rt)にオーダーさせていただきました。

作者によってやり取りの内容は異なると思いますが、わたしの場合のやりとりも紹介します。

1.オーダーしたい猫の写真を送信

 

まずはオーダーしたい猫の写真を何枚か送信しました。

細かい部分を作ってもらうために送った写真は以下の通りです。

  • 目の色が分かる顔の写真
  • 後頭部が見え、尻尾の形がわかる後ろ姿の写真
  • お腹の写真

どの作者さんにも共通することですが、資料は多い方が似せれるそうです。

ちなみにわたしは以下の写真を送りました。

2.細かい部分の確認

 

次に作者と依頼者(わたしたち)の認識を合わせていきます。

わたしの場合は猫の目や肉球の色、尻尾が鍵尻尾になっていることを確認しました。

3.入金後、製作開始

 

細かい部分の確認が終わると、オーダーは完了です。

その後は完成までの期間の説明を受け、お互いが了承できれば代金を入金します。

あとは完成を待つだけです。

4.完成の連絡後に発送

 

完成すると出来上がりの写真とともに連絡のメッセージが届きます。

そのまま発送してくれるので後は手元に届くのを待つだけです。

実際に羊毛フェルトをオーダーしてみた感想

細かい部分まで丁寧に対応してくれ、出来上がりも非常に満足でした。

亡くなった子をオーダーしたので、細かい部分の再現度には感動です。

オーダーして本当に良かったと思いました。

まとめ

今回は羊毛フェルトのオーダーを簡単にできるアプリ「ミンネ」について解説しました。

わかな
わかな

思い出が蘇りますよ!

minne(ミンネ)- ハンドメイドマーケット

minne(ミンネ)- ハンドメイドマーケット

GMO Pepabo, Inc.無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です