始まる前にチェックしておきたい新作デジモンアニメ事前情報とデジモンの歴史

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

4月5日からデジモンシリーズの第一作目のテレビアニメ「デジモンアドベンチャー」のリメイク作品「デジモンアドベンチャー:」が新作アニメとしめ放送されます。

今回はその新しい「デジモンアドベンチャー」を観るうえでチェックしておきたいアニメの事前情報と、デジモンの歴史についてをまとめました。

新作アニメ「デジモンアドベンチャー:」の事前情報とリメイク元との違い

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

西暦2020年。
ネットワークは今や人間の生活にとってなくてはならないものとなった。
だが人間は知らない。
ネットワークの向こう側、無限の世界・デジタルワールドと、そこに住むデジモン達がいることを・・・

首都圏を中心に大規模なネットワーク障害が発生する。
めちゃくちゃに明滅する信号や、文字化けした屋外ビジョン。
サイバーテロだと報じるニュース。

主人公は東京近郊のタワーマンションに住む小学5年生の八神太一。
週末のサマーキャンプの準備をするために一人で家に残っていたが、渋谷へ出かけた母と妹のヒカリが停車出来なくなった電車に乗り込んでいた。
母と妹を助けるために渋谷へと急ぐ太一だが、駅のホームに向かうその瞬間――

「選ばれし子供たち」に不思議な現象が起き、太一はデジタルワールドへ!
子供たちはパートナーのデジモンと出会い、
未知なる“アドベンチャー”に立ち向かう!

©デジモンアドベンチャー: | 東映アニメーション

今回の新アニメは1999年より放送された「デジモンアドベンチャー」のリメイク作品になっています。

物語の舞台は2020年で、ネットワークが発達し当たり前となった現代そのものが舞台です。「デジモンアドベンチャー」を観たことがある方は、あらすじから設定の違いを感じたのではないでしょうか。

この時点で、リメイク元とは大きく2つ設定が異なります。

まずデジタルワールドに飛ばされたタイミングですが、リメイク元がサマーキャンプ当日だったのに対して、今作ではサマーキャンプ前日に飛ばされることがわかります。

リメイク元の時代では、ネットワークがまだ発達し始めたばかりなのに対して、今作はすでにネットワークが発達し、ネットワークが当たり前の世界になっていますね。

このような設定の違いは登場キャラクターにもあり、リメイク元とは微妙に異なっています。

登場キャラクター(選ばれし子どもたちとパートナーデジモン)

今作で登場するキャラクターですが、リメイクなので「デジモンアドベンチャー」でメインだったキャラクターが全員登場します。

今回はその中でも前作との関りを感じさせる要素や気になる点があるキャラクターを中心に紹介します。

八神太一&アグモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

太一の紹介文は「デジモンアドベンチャー」との変化を感じず、リメイク元と同じ人柄であることがわかります。

太一だけを見るとリメイク作品として何も違和感を感じませんね。

しかしアグモンの紹介文を見てみると太一の紹介文とは少し違和感を感じます。

アグモンの紹介文には「古代のネットワーク空間における大戦で大きな役割を果たした」とこれまでの作品のアグモンと同一デジモンを感じさせる文面がみられます。

他の主人公たちにも言えますが、リメイク元の作品とは同じ名前・容姿ですが別の世界線の人物であることが伺えます。

石田ヤマト&ガブモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

「デジモンアドベンチャー」ではヒカリを除く選ばれし子どもたち全員が同時にデジタルワールドに飛ばされたのに対して、今回ヤマトは一足先にデジタルワールドに飛び、デジモンと出会っているようです。

また他のパートナーデジモンにも見受けられますが、アグモンとは異なり、ガブモンの紹介文には前作とのつながりを感じる文面がありません。

高石タケル&パタモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

タケルは「ある事件をきっかけに不思議な感覚を抱くようになった」と紹介文に意味深な文面があります。

登場キャラクターの声優の項目が追加される前の紹介文では、「1話の事件で」と明記されていたことから物語の重要な人物なのかもしれません。

パタモンは他のパートナーデジモンとは異なり、一段階進化したエンジェモンには触れず、「進化した姿は古代の戦いで大きな役割を果たしたとされる」と、パタモンの進化先であるセラフィモンについて触れています。

セラフィモンはデジタルワールドの中核「神の領域(カーネル)」を守る三大天使デジモンの1体で、デジモンの世界において重要な役割を持つ存在です。

このことからパタモンの重要性や、セラフィモンの登場が予想されます。

八神ヒカリ&テイルモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

ヒカリは太一の活躍を感じ取るようですが、登場キャラクターの声優の項目が追加される前の紹介文では、タケルと同じように「1話の事件で」と明記されていました。またキービジュアルで落ちてくる羽根に手を伸ばす描写など、タケルと同じように物語の重要性を感じさせます。

テイルモンはリメイク元の「デジモンアドベンチャー」では途中から仲間に加わるデジモンでした。そのためこのような紹介文なのかもしれません。

前作のテイルモンはホーリードラモンに進化しましたが、テイルモンの進化先にはセラフィモンと同じく三大天使であるオファニモンも存在します。

キービジュアルの描写から、テイルモンはオファニモンに進化するのかもしれませんね。

リメイク元とは異なる設定を持つのは(太一とガブモンを除く)この3人と3匹ですが、他のキャラクターもあわせて紹介します。

泉光子郎&テントモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

城之内空&ピヨモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

城戸丈&ゴマモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

太刀川ミミ&パルモン

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

デジモンの歴史はかなり深い

デジモンが初めて登場したのは1997年と、今から20年以上も前なんです。当時大ブームを引き起こしていた携帯型育成ゲーム「たまごっち」を男の子向けにバトル要素を加え、「戦うたまごっち」をコンセプトに発売されました。

その後、映画・アニメと次々とヒットし、新シリーズも登場し続けています。

リメイク元である「デジモンアドベンチャー」は、デジモンシリーズの中では「デジアド」「無印」「初代」と呼ばれ、思入れのある方も多いと思います。

ちなみにわたしもめちゃくちゃ好きで、おもちゃなどもいっぱい持っていました。

歴代アニメ・映画を時系列で振り返る

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

デジモンはアニメ・映画ともに多くのシリーズが存在しています。まずは「デジモンアドベンチャー(無印)」と同じ世界観の作品を時系列順に図でまとめてみました。

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
  • 1995年「劇場版 デジモンアドベンチャー」
  • 1999年「デジモンアドベンチャー」
  • 2000年「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」
  • 2002年「デジモンアドベンチャー02」「デジモンアドベンチャー02 デジモンハリケーン上陸!!/超絶進化!!黄金のデジメンタル」
  • 2003年「デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲」
  • 2005年「デジモンアドベンチャー tri.」
  • 2010年「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」
MEMO
記載されている年代は作中の設定で、2027年は「デジモンアドベンチャー02」の最終回で描かれた太一たちの未来です。

図でわかる通り「デジモンアドベンチャー」の世界線だけでも、8作品と数多くの作品が存在しています。

これらの作品を少しずつ振り返っていきましょう。

劇場版 デジモンアドベンチャー

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

真夜中のパソコン画面から、奇妙な生き物“ボタモン”がうまれた!不安がる太一をよそに、大喜びの妹・ヒカリ。ボタモンはアグモンへと進化する!そんな時、デジタルモンスターたちの住む、デジモンワールドが出現!そこへ怪鳥型モンスターがアグモンめがけて突進してきた。だがその時、アグモンの体にまた異変が…!超巨大モンスター“グレイモン”への進化が始まった! ぶつかり合う2大モンスター、激しいバトルの行方は!?

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

1999年3月6日に公開された映画で、太一たちがはじめてデジモンと遭遇した時のお話です。

時代設定は1995年で、この時登場するアグモンは太一のパートナーデジモンのアグモンとは大きさが異なり、別個体であると言われています。

デジモンアドベンチャー

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

物語はデジタルワールドに7人の子供たちが漂流したところから始まる。謎の島・ファイル島に突然放り出された、太一・空・ヤマト・光子郎・ミミ・丈・タケルたち・・・彼らは「太一たちを待っていた」という七体の幼年期デジモンたちと出会う。そこで、凶暴なデジモン・クワガーモンに襲われる太一たち・・・身を挺して彼らを助けた幼年期デジモンたちは、成長期デジモンへと進化し、クワガーモンを撃退!そこから、七人の少年少女とデジモンたちの旅が始まる。しかし、彼らの行く先々では更なる危機が!次々と襲いくるデジモンたちとのバトル、デジタルワールドの謎、そして、太一たちの前に立ちはだかる凶悪な敵の存在!デジモン世界と人間の世界、二つの世界の運命を賭けた、少年少女とデジモンたちのサバイバルが今はじまった!!

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

1999年3月7日より放送されたテレビアニメで、新アニメ「デジモンアドベンチャー:」のリメイク元となった作品です。

冒険・友情・成長・別れと少年漫画の王道ともいえる内容でした。

時代設定は1999年と、太一が初めてデジモンを遭遇してから4年の月日が経っていますね。

製作者の意向で、当時社会問題となっていた離婚や死別なども盛り込まれた深い作品になっています。7人(最終的には8人)の主人公みんながそれぞれ活躍できているのも、この作品の素晴らしいところです。

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

デジタルワールドでの冒険から太一たちが帰ってきて半年後。あの冒険が信じられないほど穏やかな日々を送っていた。ところが、ある日インターネット上で不気味なタマゴが誕生し、凶悪なデジモンへと進化、ネットを伝って世界中を混乱に陥れた!ネットの中で暴れまくるデジモンを、太一は倒すことができるのか。

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

2000年3月4日に公開された映画で、アニメ「デジモンアドベンチャー」のその後を描いたお話です。

アグモンとガブモンの最終進化系であるウォーグレイモンとメタルガルルモンがはじめてオメガモンへと進化する話で、音響や演出も相まって感動的な映画です。主人公たちの恋愛も少しずつ絡んできて、面白さが増しています。

デジモンアドベンチャー02

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

デジタルワールドを舞台に子供たちとデジモンの成長と冒険を描いた「デジモンアドベンチャー」がさらにパワーアップ!太一たちの冒険から3年後、平和を取り戻したデジタルワールドに新たな敵が出現した!迎え撃つアグモンたちは謎の敵の力が進化出来ず絶体絶命の危機に陥る。そこに現われたのは新世代デジモンのブイモンだった。ブイモンのパートナーとなったのは、太一の後輩である本宮大輔。大輔は前作でも活躍した八神ヒカル、高石タケル、そして新しい仲間の火田伊織、井ノ上京とともに、デジタルワールドの危機に立ち向かうこととなる。新しい選ばれし子供たちの冒険が今はじまった!!

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

2000年4月2日より放送されたテレビアニメで、「デジモンアドベンチャー」の続編を描いています。

前作の「デジモンアドベンチャー」から3年後のお話しで、前作から観ている人たちからすれば、成長した前主人公たちが登場するのも嬉しいポイントでした。またアーマー進化やジョクレス進化など、多様な進化方法が登場します。

©デジモンアドベンチャー02 50話「ぼくらのデジタルワールド」

最終回では主人公たちが大人になった未来がはっきり描かれました。

後述する「デジモンアドベンチャー tri.」「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」は、最終的にこのシーンつながっていきます。

デジモンアドベンチャー02 デジモンハリケーン上陸!!/超絶進化!!黄金のデジメンタル

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

ある夏休みのこと、アメリカにいるミミのもとへと遊びに来たタケルとヒカリ。だが、目の前にいたミミが突然消えてしまう。同じころ、日本にいた太一たち5人の選ばれし子供たちも、いつの間にか姿を消していた。ヒカリからのメールでそのことを知った大輔、京、伊織は、急遽アメリカへ。一方、タケルとヒカリは、謎のデジモンに襲われていた少年に遭遇していた。一連の事件に関係があると直感した二人は、少年の後を追ってサマーメモリーへと向かう。アメリカへと到着した大輔たちはというと、慣れない土地でのヒッチハイクに悪戦苦闘。旅の途中、ウォレスという少年と、そのパートナーデジモンのグミモンと出会う。

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

2000年7月8日に公開された映画で、時系列的には「デジモンアドベンチャー02」内の夏休み中のお話です。

奇跡の力によりパタモンとテイルモンが究極体まで進化する貴重なお話でした。また次回作のアニメ「デジモンテイマーズ」にメインキャラで登場するデジモン「テリアモン」と「ロップモン」も、先駆けて登場しています。

©デジモンアドベンチャー02 デジモンハリケーン上陸!! 超絶進化!!黄金のデジメンタル

デジモンの映画作品の中ではトップ3に入るくらい好きで、何度も見返しました。この映画のおかげで「テリアモン(右)」と「ロップモン(左)」にはかなり思入れがあります。

デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

3年前オメガモンに倒されたはずの最強最悪デジモン・ディアボロモンが、再びインターネット上に現れた。苦戦するインペリアルドラモンだったが“選ばれし子供たち”のあきらめない心が奇跡を生んだ!

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

2001年3月3日に公開された映画で、「デジモンアドベンチャー02」から1年後のお話です。

ディアボロモンの再来、過去の主人公たちのデジモン「オメガモン」から力を託された「インペリアルドラモンパラディンモード」の誕生など、胸が熱くなる展開が多く、わたしも感動しました。

デジモンアドベンチャー tri.

©本郷あきよし・東映アニメーション

あらすじ

八神太一ら「選ばれし子どもたち」が異世界・デジタルワールドへ渡ったあの夏の冒険から6年。
そして、八神ヒカリたちとベリアルヴァンデモンとの最後の戦いから3年の月日が流れようとしていた。
平穏な毎日が続くなか、いつの間にか閉じてしまったデジタルワールドへのゲート。

選ばれし子どもたちにもその原因は分からぬまま、時間だけが過ぎ去っていく――

そんなある日、突如としてお台場の街にクワガーモンが出現。その暴走により街は破壊され、人々は大混乱に陥る。
クワガーモンを偶然見かけた太一は、その暴走を止めるために単身その姿を追いかけるのだった。
しかし、クワガーモンと対峙するも、どうすることも出来ない太一。

「だめだ…俺一人じゃ、なにもできない…」

咆哮とともにクワガーモンが太一に襲いかかったその瞬間、デジヴァイスが大きな光を放ち始めた――
「太一、でっかくなったなーっ!」
懐かしいあの声とともに、物語は再び大きく動き始める。

ストーリー – デジモンアドベンチャー – 作品ラインナップ – 東映アニメーション

2015年11月21日から2018年5月5日にかけて、6部作で公開された映画です。

「デジモンアドベンチャー02」から3年後のお話しで、「デジモンアドベンチャー」で究極体に進化しなかったデジモンたちも究極体に進化します。

成長した主人公たちそれぞれに焦点が当てられ、当時のファンは興奮した方も多いのではないでしょうか。

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆

©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

あらすじ

太一とアグモンたちが出会い、デジタルワールドを冒険した夏から十年以上が経過した2010年。
世界中の“選ばれし子どもたち”は徐々にその存在が認知され、現実世界にデジモンがいる風景も珍しくなくなっていた。
太一は大学生となり、ヤマトたちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。
そんな中、世界中の“選ばれし子どもたち”の周囲で、ある事件が起こり始める。
太一たちの前に現れたデジモンを専門に研究する学者・メノアと井村は、”エオスモン”と呼ばれるデジモンが原因だと語り、助力を求めてくる。
事件解決に向けて、太一たち選ばれし子どもたちが再び集結。
しかし、エオスモンとの戦いの中でアグモンたちの“進化”に異変が起こる。その様子を見たメノアは、太一たちに衝撃の事実を語る。

選ばれし子どもが大人になった時、パートナーデジモンはその姿を消してしまう――。

エオスモンの脅威は、次第に太一の仲間たちにも及んでいく。
戦わなければ仲間を救えない、しかし無理な戦闘はパートナーとの別れを早めていく事に。
ずっと一緒にいると思っていた。
一番大切な存在と別れてでも戦うのか?
“選ばれし子ども”が大人になるということ――。

変えられぬ宿命を前に、太一とアグモンの”絆”が導き出す、自分たちだけの答えとは?

イントロ&ストーリー | 「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」公式サイト

2020年2月21日に公開された映画で、「デジモンアドベンチャー tri.」からさらに5年経過したお話です。

「デジモンアドベンチャー tri.」で不評だった主人公たちのキャラクターデザインは一新されました。ストーリーもそれぞれ別々の道を歩む主人公たちが描かれており、エンドロールでは「デジモンアドベンチャー02」の最終回につながっていく描写もありました。

「終始泣いてた」という人も多く、デジモンファンの心を大きく揺さぶった作品です。

また「Butter-Fly」等、これまでデジモン作品の主題歌を歌ってきた和田光司さんの死去などがあってか、蝶をモチーフにしたデジモンや蝶を扱った描写も多くみられました。

【デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆】ネタバレ感想!

「デジタルアドベンチャー:」パラレルワールド説

パラレルモン

©BANDAI2015

デジモンにはパラレルワールドの概念があります。

そのため今回の「デジモンアドベンチャー:」はこれまでの「デジモンアドベンチャー」のパラレルワールドではないかと考察されたりもしているのです。

画像にあるパラレルモンは様々なパラレルワールドを移動しテイマーのデータを吸収していく突然変異型デジモンです。

このデジモンは漫画「デジモンアドベンチャー Vテイマー01」に登場するデジモンで、作者であるやぶのてんやさんオリジナルのデジモンで、2019年11月30日に行われた「G.E.M.シリーズ10周年記念!G.E.M.デジモンアドベンチャースペシャルトークショー」では、やぶのてんやさんが「パラレルモンが近いうちに公式化する」という発言もありました。

ツイッターではやぶのてんやさんが、今作のシリーズ構成を担当する富岡淳広さんが「デジモンアドベンチャー:」を製作するうえでVテイマー01にも目を通してくれていることを明かしていました。

「デジモンアドベンチャー:」の放送が決まってからのこれらの発言は、パラレルワールド説を濃厚に感じさせますね。

まとめ

今回は「デジモンアドベンチャー:」の事前情報と、デジモンの歴史についてをまとめました。

過去作を知っている方がより楽しめるような作品になると感がしますし、パラレルワールド説を考慮すると、「デジモンアドベンチャー」の話を現代風に描きなおすというよりは別の世界線の全く異なるお話しになるのではと思います。

わかな
わかな

放送は4月5日からですが、今から楽しみですし、過去の作品も見返したくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です