【知らなくていいコト】9話の感想:春樹の心の闇のさらに奥が見えた回

©第9話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

吉高由里子さん主演のドラマ「知らなくていいコト」の9話が放送されました。

乃十阿徹の真相にさらに迫っていく回でした。それと同時に、今までどんどん闇に落ちていった春樹の心の闇の、さらに奥が見える回でもありました。

今回も観たのでその感想をお話しします。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第9話の感想

乃十阿徹の真相が明らかに!?

©第9話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

リークによる状況の悪化とそのことによる尾高さんの配慮により、ケイトはいよいよ乃十阿徹と話すことができました。

乃十阿徹の犯した真相を聞くことはできませんでしたが、門前払いされていた時とは異なり、ちゃんと会話していましたね。

その後、事件当時に乃十阿徹を担当していた弁護士が乃十阿徹と接触したことで、ケイトが乃十阿徹の実の娘だと確信します。それにより、今までケイトたちに隠していた”乃十阿徹は前妻との子をかばったのではないかという説”があることを打ち明けました。

真相は明らかにはなりませんでしたが、報道されていることが真実ではないことは、弁護士の話から明白になりましたね。

春樹の心がさらに闇へ落ちていく

©第9話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

自分からケイトのことを振った春樹ですが、ケイトが乃十阿徹の娘と知りながらもケイトを受け入れていた尾高さんに、春樹は嫉妬のような感情を芽生えさせていました。その後は新しくできた彼女の小泉さんにもそっけなくされ、表情がさらに暗くなっていくのがわかりましたね。

極めつけは酔っ払ってケイトの家に転がり込んだ時です。

自分が最低であることは自覚していた春樹ですが、自分の最低さを肯定するために「殺人犯の子供が週刊誌の記者で、不倫報道で刺されて実は本人も不倫中じゃ僕より最低ですから」とケイトに怒鳴っていました。

ケイトにはお見通しのようでしたが、謝りたい気持ちとおとしいれたい気持ちが混在していて、自分ではどうすることもできない気持ちをぶつけているような感じでしたね。

今までよりさらに春樹の最低さが浮き彫りになっていましたが、ケイトに心を見透かされて涙ぐむ春樹に、寂しさのようなものも感じました。

小泉さんに「今晩行ってもいい!?」と言い「二度と来ないでください」と返されたシーンでの表情からは、春樹がただ自分の居場所を探してるだけのようにも感じました。

春樹は「幸せになりたい」と願っていただけなのに、うまくいかないことや尾高さんへの嫉妬から落ちぶれてしまった寂しいだけの人間なのかもしれませんね。

気になるあれこれ

キャスト

  • 真壁ケイト:吉高由里子
  • 尾高由一郎:柄本佑
  • 野中春樹:重岡大毅(ジャニーズWEST)
  • 真壁杏南:秋吉久美子
  • 岩谷進:佐々木蔵之介
  • 乃十阿徹:小林薫

ゲスト

  • 荒牧(大食い選手権・AD):三船海斗

まとめ

今回はドラマ「知らなくていいコト」9話の感想をお話ししました。

今回は乃十阿徹と春樹について焦点を当てましたが、ケイトと尾高さんの未来も気になりますね。

わかな
わかな

次回がいよいよ最終回です!

乃十阿徹やケイトと尾高さんのことなど、気になることは明らかになると思いますが、楽しみで仕方ありません!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

【知らなくていいコト】最終話の感想:ケイトが選択したと尾高さんの未来 【知らなくていいコト】8話の感想:ケイトの三重苦に心が痛む 【知らなくていいコト】1話の感想:キャッチコピーに惹かれて観てみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です