女性らしい仕草の身に付け方【性別移行前のMtF必見】

日常生活をどう送るかによってその人の仕草は変わってきます。

MtFのわたしは過去18年間男として過ごしてきたことから、細かい部分で仕草が男性的な部分がありました。

女性らしい仕草を身に付けてより女性らしくなりたい

今まで男っぽいしぐさを意識してきたから女性らしい仕草がわからない

MtFならこんな悩みを感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は性別移行前のMtF向けに女性らしい仕草を身に付ける簡単な方法を紹介します。

「女性らしい仕草」歩き方や座り方など細かい部分ですが、女性らしい仕草を身に付けることで女性として認識されやすくなり、女性として生活しやすくなります。

仕草で印象は大きく変わる

見た目が同じでも仕草一つで見え方って大きく変わるんです。

歩き方を例に出しますが、まずこの動画を見てください。

歩き方だけでもかなり印象が違いますよね。

  • 男性は横揺れが大きく、女性は上半身があまり動かない
  • 男性は上半身が少し前へ前傾しており、女性は背筋が伸びている
  • 男性の方が足を大きく動かし、女性は足の動きが小さい
  • 男性は足が開きガニ股になっており、女性は内側に足が伸びている

骨格の問題もありますが、ざっと出しただけでもこれくらい男女の歩き方には違いがあります。

わたしは性別移行前から女性的な歩き方を意識していたのですが、メンズ服を着ているにも関わらず、後ろ姿はよく女性と間違われていました。

つまり歩き方を直すだけでも、女性的な印象を与えることができるということです。

街中でMtFや女装の方をよく見かけますが、歩き方が男性的な人はかなり浮いています。そんなの嫌ですよね。

前置きが長くなってしまいましたが、そういった男性的な部分も解消するために女性的な仕草を身に付ける具体的な方法をお話ししていきます。

女性らしい仕草は盗むのが身になりやすい

盗むって聞こえは悪いですが、要は女性らしいなと思う人の仕草をマネるということです。

なぜこれが一番の近道かと言うと、マネるだけなので知識が必要なく、お手本が目の前にいるからどう行動すればいいのかイメージしやすいからです。

やり方も簡単で「自分もこうなりなりたいなぁ」と思う人を見つけたら、マネをするだけ。

人によっては所詮マネじゃん。と思うかもしれませんが、わたしたちが日ごろ行っている仕草も結局は親や兄弟、周りの人など誰かの影響によって出来上がったものなので大きな違いはないと思います。

人は繰り返しその行動を行うと癖のように自分の動作の一つとして身につきます。

スタートはマネているかもしれませんが意識せずにその仕草が出るようになったら、もうそれはあなたの仕草です。

意識してマネしていきたいところ

マネをするといってもどこからマネをすればいいか分からないと言う人もいると思います。そんな人のために意識してマネしていきたいところをまとめました。

  • 歩き方
  • 話し方
  • 座り方

優先的にマネしたいのはこの3つです。

日常的に行う動作であり、ここが男っぽいと相手に違和感を与えやすい動作です。

歩き方は「仕草で印象は大きく変わる」の項でお話ししたのでそちらを参照してください。

話し方は主に抑揚の部分です。男性は抑揚がなく一定の高さで話しますが、女性は抑揚があり言葉の高音低音の幅が広い話し方をします。

声が低くても抑揚だけで相手に与える印象は変わります。

座り方ですが男性は骨格上、ガニ股で座りがちです。

アナウンサーのように足を斜めにして座れとまでは言いませんが、足を閉じて座ること意識することでかなり印象は変わります。

これらが女性的仕草の基礎的な部分であるため、なるべく意識したいポイントです。

まとめ

今回は女性らしい仕草を身に付ける簡単な方法を紹介しました。

ポイントは女性らしいなと思う人の仕草をマネすること!

歩き方、話し方、座り方を意識できてないという人はまずはそこから意識してみてください。

わかな
わかな

仕草だけで印象は大きく変わります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です