【知らなくていいコト】5話の感想:尾高さんの心境の変化が気になる回

©第5話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

吉高由里子さん主演のドラマ「知らなくていいコト」の5話が放送されました。

今回も観たのでその感想をお話しします。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第5話の感想

冒頭は乃十阿徹が起こした事件の現場へと向かったシーンから始まりましたね。

殺人を犯す人の動機について考えるケイトに「考えてもどうにもならないことは考えないほうがいいよ」と言う尾高さんが印象的でした。

殺人犯の動機「殺人犯が人生を犠牲にしてまで守りたかったもの」

ケイトは劇中で孫を殺した殺人犯、元警察署長の沖田さんの取材をしていました。罪を犯すも動機を語らない殺人犯に自分の父を重ね、事件の真相に迫っていきましたね。

沖田さんの事件は、行き過ぎたスパルタ教育によって起きた事件と報道されていました。しかし調査を進めるうちに、沖田さんは幼稚園を爆破しようとした孫を止めようとしたことによる事故だったのではないかという結論に至ります。

沖田さんは最後まで真実を語らなかったため、真相は明かされることはありませんでした。しかし父の乃十阿徹も、沖田さんのように何かを守るために動機を語らなかったのではないかとケイトは感じていました。

ラストシーンでは、その動機について話を聞くためか乃十阿徹と再び接触しに行きました。

尾高さんの心境にリンク

尾高さんはケイトの頑張る姿に徐々に惹かれていっています。しかし家族を大切にするため、その自分の心の変化を抑えているように見えました。

わたしも今、そういった状況に陥ったのちに、彼女と別れた人と付き合っています。尾高さんを見ていて、冒頭での尾高さんの言葉や自分の状況が浮かんできました。

ケイトのことは好きですが、尾高さんには家族のことは裏切らないでほしいです。

と思ったら次回予告で怪しげな雰囲気を出していました。

続きが気になりますが少し怖さを感じます。

春樹の最低さ再び

春樹と同じ連載班で席も隣の女性・小泉さんは、春樹がケイトと別れたことを察知していました。そのことから春樹に接近し、告白していましたね。

まんまと浮かれた春樹は、ケイトと別れた理由を聞かないことを条件に付き合うことを承諾しました。

ケイトとのことがトラウマになっているのか、ケイトの時と同じことが起きないように小泉さんの両親について聞き、予防線を張っていました。

ケイトの事情を受け入れられず、好きだったけど仕方なく別れたのに、帰りのキスなどを見ていると「男ってあっさりだなぁ」と思いました。

付き合ったその後もケイトのことは少し気にしているようで、心の穴埋めに近づいてきた小泉さんと付き合ったのかはわかりませんが、どちらにしても最低ですね。

気になるあれこれ

キャスト

  • 真壁ケイト:吉高由里子
  • 尾高由一郎:柄本佑
  • 野中春樹:重岡大毅(ジャニーズWEST)
  • 真壁杏南:秋吉久美子
  • 岩谷進:佐々木蔵之介
  • 乃十阿徹:小林薫

ゲスト

  • 沖田秀則(元警察署長):勝野洋

まとめ

今回はドラマ「知らなくていいコト」5話の感想をお話ししました。

乃十阿徹がなぜ動機を語らなっかったのも気になりますが、ケイトと尾高さんの関係性の変化も気になりますね。

わかな
わかな

不倫系の話は見るのが怖いけど気になります

あわせて読みたいおすすめ記事!

【知らなくていいコト】6話の感想:不倫についてピックアップされた回【知らなくていいコト】4話の感想:父についてさらに迫っていく!!【知らなくていいコト】1話の感想:キャッチコピーに惹かれて観てみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です