【知らなくていいコト】7話の感想:ケイトと尾高さんの心境に更なる変化が!

©第7話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

吉高由里子さん主演のドラマ「知らなくていいコト」の7話が放送されました。

殺傷事件が起きてケイトたちの心境が大きく変化する回でした。

今回も観たのでその感想をお話しします。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第7話の感想

ケイトと尾高さんの気持ち

©第7話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

尾高さんのキスにより自分の気持ちに歯止めが利かなくなってしまったケイトは、尾高さんに気持ちを伝えていました。

ケイトは尾高さんが結婚していることを受け入れた上で「バチが当たっても時々私と一緒にいて」とも言っていましたね。それに対して尾高さんは「さりげなく両立なんてできない」と答えていました。

わたしもケイトの立場と同じ不倫の経験があるのですが、このシーンはかなり心が痛みました。

キスやハグをしておいて「両立できない」という言葉に、尾高さんのズルさを感じました。

子どもがいますし、尾高さんの家族への愛情は家族愛だと思います。

ケイトへの愛情(恋愛)とは種類の違う愛情なので、天秤にかけるのは難しい選択に感じますが尾高さんはどう感じているのか気になりました。

尾高さんのような立場の人の不倫は、たいていの場合は離婚しませんが、尾高さんがどう動くのか今後に期待です。また彼氏といっしょに観ていたのですが、彼氏は自分が尾高さんの立場になったら、ケイトを選ぶと言っていました。

恨みの殺傷事件

©第7話フォトギャラリー|知らなくていいコト|日本テレビ

後半では前回ケイトに自分の夫の不倫をリークした桜庭和美が登場しましたね。

不意にイーストの事務所に現れケイトを刺していました。

予告にもすでにこのシーンは登場していましたが、かなり鳥肌が立ちました。

桜庭和美の立場に立たされた時のことを想像するとすごく共感できます。尾高さんがもし離婚した場合、尾高さんの妻は桜庭和美と同じ立場になってしまいますよね。

この事件によって、ケイトは自分の気持ちが強くなるたびにこのことをよぎらせてしまいそうですね。

この出来事からケイトや周りの人にはいろんな変化が起きましたね。ケイトは自分の命を守ってくれた尾高さんへの気持ちがさらに大きくなっていました。

一方、春樹はケイトを守る尾高さんを見て2人の関係に嫉妬したのか、他の出版社にケイトの情報をリークしていました。

次回予告でもある通り、事態はさらに悪い方向へと進みそうです。

気になるあれこれ

キャスト

  • 真壁ケイト:吉高由里子
  • 尾高由一郎:柄本佑
  • 野中春樹:重岡大毅(ジャニーズWEST)
  • 真壁杏南:秋吉久美子
  • 岩谷進:佐々木蔵之介
  • 乃十阿徹:小林薫

ゲスト

  • 丸山シゲオ(小説家):西村まさ彦
  • 笹美鈴(演歌歌手):小沢真珠
  • 江川直之(東源出版・出版局長):おかやまはじめ

まとめ

今回はドラマ「知らなくていいコト」7話についてお話ししました。

愛情と嫉妬が入り混じるカオスな回でしたね。ケイトと尾高さんの関係性どんどん深みにはまっていっています。

次回予告での更なる状況の悪化に目が離せません!

わかな
わかな

自分に重ねてしまう分、ケイトと尾高さんの未来がすごく気になります!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

【知らなくていいコト】8話の感想:ケイトの三重苦に心が痛む 【知らなくていいコト】6話の感想:不倫についてピックアップされた回 【知らなくていいコト】1話の感想:キャッチコピーに惹かれて観てみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です