女性ホルモンを投与するとどうなるのか?元男性が体験談を語る!

性同一性障害の女性
性同一性障害の女性

投与し始めてからどれくらいで効果が出るのかも知りたいなぁ…

実際に投与した人の話を聞きたい

男性が女性ホルモンを投与したらどうなるの?

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 男性に女性ホルモンを投与した場合に体に与える影響
  • 元男性が語る実際の体験談
  • 女性ホルモンの影響を受けることができる期間

男性へ女性ホルモンを投与したらどうなるのか、性同一性障害じゃない方も気になる方が多いようです。

そこで今回は男性に女性ホルモンを投与したらどうなるかを、女性ホルモン歴9年以上のわたしが実体験を交えてお話します。

男性に女性ホルモンを投与した場合に体に与える影響

男性に女性ホルモンを投与すると以下の影響があります。

  1. おっぱいが発達する
  2. 乳首が敏感になる
  3. 乳輪が黒くなる
  4. 肌質が女性的になる
  5. 脂肪の付き方が女性的になる
  6. 筋肉が減る(太りやすくなる)
  7. 髪の毛が増える
  8. 髪質が変わる
  9. 髭や体毛が減る
  10. 体調不良を引き起こしやすくなる
  11. 男性器が小さくなる
  12. 生殖機能を失う
  13. 勃起障害を起こす

どれだけ変化するかは、個人差や投与期間にも左右されます。

詳しくはこちらをチェックしてみてください。

【女性ホルモン剤によるMtFの体の変化】効果や副作用を解説!

元男性が語る実際の体験談

ここからはわたしの実体験を以下の三段階に分けてお話しします。

  • 女性ホルモン初期(投与開始~半年)
  • 女性ホルモン中期(投与半年~1年)
  • 女性ホルモン後期(睾丸摘出後~現在)

女性ホルモン初期(投与開始~半年まで)

最初、わたしは塗り薬により女性ホルモンの投与を開始しました。

おっぱいが発達し乳首が敏感になった

主に感じた変化は「おっぱいの発達」「乳首の敏感化」です。

投与初期はおっぱいが少し膨らみ、乳首が敏感になりました。乳首は服にすれるだけでビクついていたので、かなり敏感になっていたと思います。

Aカップほどまで大きくなりましたが、おっぱいの成長はAカップで止まりました。

また数週間は母乳のようなものも出ていました。

女性ホルモン中期(投与開始半年〜1年まで)

女性ホルモン投与中期、わたしは以下の影響を感じました。

  • 髪質が変わる
  • 脂肪のつき方が女性的になる

ひとつずつお話していきます。

髪質が変わった

投与を1年以上続けると、肌質や髪質にも影響が出始めます。

肌の脂っぽさは消え、髪の毛は細く柔らかくなっていました。

脂肪のつき方が女性的になった

この頃、一ヶ月仕事を休むタイミングがあり5キロほど太ってしまいました。

かなり太ったのですが、女性ホルモン投与前と比べて脂肪のつき方は明らかに変わっていて、太ももを中心に太ったように感じました。

筋トレを全くしていなかったせいもあり、筋肉も減って太りやすくなっています。

女性ホルモン後期(睾丸摘出後〜現在)

女性ホルモン後期は以下の変化を感じました。

  • 男性器が小さくなる
  • 乳輪が黒くなる

わたしは女性ホルモン投与1年後に睾丸摘出をしました。

なので、ここからは睾丸摘出後の女性ホルモンの影響記録です。

睾丸摘出をしたことにより、女性ホルモンの影響を受けやすくなりました。

男性器が小さくなった

元々小さかった男性器はかなり小さくなりました。

勃起障害はあまり感じませんでした。しかし性行為の際、絶頂に達しにくくなってしまいました。

乳輪が黒くなった

女性ホルモン投与から徐々に変化していったのですが、乳輪はかなり黒くなりました。

9年以上の女性ホルモン投与で感じた変化まとめ

実体験をまとめると、わたしが感じた変化は以下の通りです。

  1. おっぱいが発達する
  2. 乳首が敏感になる
  3. 乳輪が黒くなる
  4. 肌質が女性的になる
  5. 脂肪の付き方が女性的になる
  6. 筋肉が減る(太りやすくなる)
  7. 髪質が変わる
  8. 男性器が小さくなる

もともと髪の毛は多かったので、髪の毛が増えるのは感じませんでした。

また髭や体毛の減少は、脱毛を併用していたので女性ホルモンによる影響はなかったと思います。

女性ホルモンの影響を受けることができる期間

女性ホルモンの影響は、遅くても投与してから1週間程度で現れます。

ほとんどの方が「おっぱいの発達」と「乳首の敏感化」を最初に感じるようです。

ホルモン投与を長期的に続けると、乳腺の発達、男性器の縮小、生殖機能の喪失、勃起障害と、不可逆的な変化が引き起こされます。

これらの不可逆的な変化は投与をやめたからといって元に戻るわけではありません。

女性ホルモンを興味本位で投与し、おっぱいが大きくなってしまい元に戻らなくなったと悩む男性の話も聞いたことがあるので、この点は注意が必要ですね。

影響を受ける期間は最長でも投与から5年と言われています。

わたしは投与から2年くらいで、変化を感じなくなったので、個人差が大きいようです。

まとめ

今回は男性に女性ホルモンを投与したらどうなるかを実体験を交えてお話ししました。

わかな
わかな

個人差が大きく、やってみないとわからない部分も多いようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です