パス度が低いと感じるMtFのための男性的な部分を補う6つの方法

MtFのわたしたちが治療を出来るのは第二次成長期がとっくに始まった後ですよね。そのためほとんどの人が男性として成長してしまっています。

女性になりたいはずのわたしたちが男性的になるなんて辛いですよね。

性別移行をしようとするとそういう男性的な部分が気になってしまい落ち込んでしまう人も多いでしょう。

そこで今回は男性的な部分を補う6つの方法をご紹介します。

厳しいことを最初に話しておくと、男性的な部分を完全に消すことができるのは基本的に整形のみで、自力で男性的な部分を完全に消すことはできません。

では今回は何をお話しするのか。

今回は男性的な部分を完全に消す方法ではなく、目立たないように”補う”方法をお話しします。

「補うだけ?」と思うかもしれませんが、男性的な部分を補うことで女性的な部分が強調されるので、結果的に今よりも女性らしく見えるようになります。

女性らしくなるとパス度も上がり、可愛くなったねと言われるようになるかもしれませんよ。

男性的な部分を補う6つの方法

  1. メイクを変える
  2. 髪型を変える
  3. ボイトレをする
  4. 仕草や姿勢を意識する
  5. コルセットを使う
  6. 女性ホルモンを投与する

上記の6つが男性的な部分を補う方法です。

1つずつ解説していきます。

1.メイクを変える

出典:【イラスト講座】男女の顔の描き分け方 〜目の堀、頬骨、エラ骨で別れる | 絵師のためのネタ帳

顔の男女差のある部分の特徴を男女別に分けてまとめました。

男女差のある部分女性の特徴男性の特徴
生え際丸い四角い
狭く丸い広く平ら
眉骨凹凸がない凹凸がはっきりしている
形がアーチ状で少し薄い直線的で濃く太い
丸い丸みがなく頬骨が出ている
筋が細く小さい筋が太く大きいまたは高い
鼻と唇の間(人中)長い短い
厚くふっくら薄く幅が広い
エラ角がない角ばっている
小さい大きく四角い

意外と多いですよね。

これらの男性的特徴をメイクでカバーすることで、男性的な部分を補うことができます。

  • 生え際 ⇒ シェーディングで丸くする
  • 額 ⇒ 中央に丸く見えるようにハイライトを入れる
  • 眉骨 ⇒ 額のハイライトがのらないように気をつける
  • 眉 ⇒ 濃く描きすぎずアーチ状に伸びた眉を意識する
  • 頬 ⇒ 丸みを意識してチークをのせる
  • 鼻 ⇒ シェーディングをいれない(または細く薄くいれる)
  • 鼻 ⇒ 唇の間(人中)⇨鼻の下に影を入れリップは少しオーバーに、そして唇の山の部分にハイライトをのせる(人中短縮メイク)
  • エラ ⇒ シェーディングをいれる
  • 唇 ⇒ 幅が出るように塗る(オーバーリップ)
  • 顎 ⇒ シェーディングをいれる

簡単に説明するとこんな感じです。

男性女性に関係なく異性の特徴を持つ人はいるので、MtFも男性的特徴が当てはまる部分と当てはまらない部分があると思います。

そのため自分に必要な部分だけを取り入れるのといいでしょう。

もっと女性らしくなりたいなら、男性的特徴のない部分にこのメイクをしてみるのもありですね。

わかな
わかな

ちなみにわたしは眉、頬、唇を特に意識してメイクしています!

2.髪型を変える

出典:顔型に合わせた自分に似合う髪型を紹介 卵型にはベリーショートかボブ – Peachy – ライブドアニュース

髪型は顔の輪郭にもなる部分です。そのため髪型でも男性的特徴を補うことができます。

輪郭が男性的な人に多いのは面長タイプとベースタイプです。

面長タイプなら前髪を作ったりサイドにボリュームを出すことで縦幅の印象を柔らかくし、丸めの輪郭を意識することで男性的特徴を補うことができます。

ベースタイプならエラの部分を髪型で隠してしまい、ヘアスタイル全体のシルエットをひし形に意識することで男性的特徴を補うことができます。

これは基礎的な部分であるため、気になる部分を美容師の人に伝えてヘアスタイルをデザインしてもらうのがおすすめです。

さらにスタイリングの仕方を教えてもらうともっといいですね。

3.ボイトレをする

仕草や声って男性的特徴を補うのに一見関係なさそうですよね。

ではこんな状況を想像してください。

目の前に顔もスタイルもいい綺麗な女性と、ゴリラのようなワイルドな顔をした女性がいます。前者の声はドスのきいた男らしい声、後者の声はアナウンサーのような美しい声です。

2人にどんな印象を抱きますか?

印象を性別に絞ると、恐らく大半の人が前者をニューハーフまたは元男、後者を女性として認識するでしょう。

声が与える印象はそれくらい大きいのです。

つまり言いたいのは、女性らしい声を出せるようにボイトレするということ。

声の印象を変えることで、間接的に男性的特徴を補うことができます。

ボイトレで参考にしたい動画を載せているのでよければこちらも参考にしてみてください!

【MtFの声問題】声を気にして人と話せないを克服する2つの方法!

4.仕草や姿勢を意識する

声と同じように、仕草や姿勢を意識するだけでも印象は変わります。

イラストの女性も服装こそ違いますが、歩き方や姿勢の違いから印象が大きく違いますね。

  • 歩き方
  • 話し方
  • 座り方

仕草や姿勢で特に優先したいのはこの3つです。

意識するポイントや女性らしい仕草の身に付け方はこちらで解説しているので参考にしてみてください。

女性らしい仕草の身に付け方【性別移行前のMtF必見】

5.コルセットを使う

出典:Amazon | YIMEIER コルセット

骨格の違いから体にも男女の特徴に差があります。その差を縮めてくれるのがコルセットです。

骨格を大きく変えることは無理ですが、コルセットを使うことで男性的特徴である寸胴が解消され、女性らしいくびれを作ることができます。

これによりウエストの締まっている服を着た時に女性的なシルエットになりやすく、男性的特徴を補うことにもつながります。

ちなみにわたしは「輸入コルセット専門店HappyLove」セミオーダーウォッシャブルコルセットを使っていたことがありますが、しっかりくびれができました。

少し値段が高いですがおすすめです。

参考 輸入コルセット専門店HappyLove

6.女性ホルモンを投与する

男性と女性は性ホルモンの影響から肌質、髪質、脂肪の付き方も違います。

そこで女性ホルモンです。

女性ホルモンは女性を形作る性ホルモンであるため、投与することで肌質などを女性に近づけてくれます。

第二次性徴が終わっているわけですから、限りなく女性に近づくわけではありません。

それでも肌質はきめ細やかになり、髪質はべたつきが表れにくくなり細くなるので、男性的特徴を補うことはできていますね。

ちなみにわたしは投与してから1年くらいで肌質、髪質に変化がありました。

脂肪の付き方も顔や胸、腰回りを中心に付くようになるのですが、この辺りは骨格の問題でほんのり付き方が変わる程度です。

そのため過信しすぎには要注意です。

ニャーバン
ニャーバン

女性ホルモンは不可逆的なもの!

そこも重々理解ないといけないにゃ!

まとめ

今回は男性的な部分を補う6つの方法をご紹介しました。

まとめるとこんな感じです。

  1. メイクを変える
  2. 髪型を変える
  3. ボイトレをする
  4. 仕草や姿勢を意識する
  5. コルセットを使う
  6. 女性ホルモンを投与する

髪型は美容室に行かなくてはいけませんし、ボイトレやコルセットも継続的に行わなくてはいけません。

女性ホルモンの投与も手軽に始めるべきものではなく、簡単に始められるものではありませんね。

そのため、まずはメイクや仕草、姿勢を改善できるよう実践していくのがおすすめです。

わかな
わかな

可愛くなったねって言われるように頑張りましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です